西宮の政治を変える。その挑戦に、人生を賭けることにしました。

 

家族や友人が暮らす大切な街。自分を育ててくれた大好きな場所。
私にとって西宮は、そんなかけがえのない存在です。

 

自然に恵まれ、利便性も高く、「住みたい街」として人気の西宮。
しかし私は西宮で暮らす中、実際には多くの問題を抱えた街だと気づかされました。

 

保育所に子どもを預けたくても預けられない。空家がどんどん増えていく。
そんな身近な課題が山積みなのに、「政治」が話題になるのは、政治家の不祥事ばかり。
「政治」との距離は遠くなり、前回の西宮市議会議員選挙の投票率はわずか36.27%。
私はこの現状に、強い危機感を抱いています。

 

今の西宮には、街の課題を解決するために、本気で活動する政治家が必要です。
大好きな西宮が、これからも住みたい街であり続けるために。
私は自らの人生を、その役割に捧げると決めました。

 

政治家の親族でも秘書でもない私が、無所属で政治家を目指すこと。
無謀な挑戦と、笑われるかもしれません。

 

それでも。私だからこそ、できることがある。
そう信じて、私は政治活動を開始しました。

 

この街を愛する若者の挑戦を、温かく見守っていただければ幸いです。

 


【4つの約束】たかのが目指す政治家の姿とは。

 

1.公正で合理的な政治家

利害関係やしがらみにとらわれることなく、本当にベストな答えを追求します!


2.政策を提案する政治家

無責任な批判や抽象論に終始せず、課題の解決策を具体的に研究・提案します!


3.自ら行動する政治家

机上の理論だけでなく実際に行動し、自身で感じた街の声を政策に反映します!


4.発信し続ける政治家

「選挙前だけ駅前にいる人」ではなく、日頃の情報発信で自らの考えを伝えます!