西宮市議会議員 ≪無所属・32才≫

Vision

市政への想い

ホーム » 市政への想い
a

西宮の政治を変える。

その挑戦に、人生を賭けることにしました。

2018年10月。
こう書いたチラシを手に、私は政治活動を始めました。

政党に所属しているわけでもなければ、親が政治家をやっていたわけでもない。
私にできるのは、自分の想いと政策を、愚直にお伝えし続けることだけでした。

毎朝駅前に立ち続け、ポスティングに繰り出し、半年間でお届けしたチラシは60万枚。
多くの方々に支えられながら、走り抜けた日々。
何もないところから生まれた小さな波は、いつしか大きなうねりとなっていきました。

そして運命の2019年4月21日。
初めて立候補した西宮市議会議員選挙で2,021票ものご信託を頂き、
私は最年少の西宮市議会議員となりました。

大好きな西宮が、これからも住みたい街であり続けるために。
私は人生を賭けて、本気で活動し続けます。

この街を愛する若者の挑戦を、温かく見守っていただければ幸いです。

【4つの約束】

たかのが目指す
政治家の姿とは。

1.公正で合理的な政治家

利害関係やしがらみにとらわれることなく、本当にベストな答えを追求します!

2.政策を提案する政治家

無責任な批判や抽象論に終始せず、課題の解決策を具体的に研究・提案します!

3.自ら行動する政治家

机上の理論だけでなく実際に行動し、自身で感じた街の声を政策に反映します!

4.発信し続ける政治家

「選挙前だけ駅前にいる人」ではなく、日頃の情報発信で自らの考えを伝えます!